スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    多様な世界、多様な真実 【書評】私たちが子供だったころ、世界は戦争だった サラ・ウォリス&スヴェトラーナ・パーマー

    採点:★★★★★
    誰にでもおススメ。どんな人でも何かを感じるはず。

    日本は「太平洋戦争」「大東亜戦争」を戦っていたそのとき、大西洋でも、ライン川でも戦争だった。日本にいては第二次大戦中のヨーロッパの状況につい詳しくしる機会はあまりないが、本書にはそのときの現状が生々しく再現されている。パンのことが頭から離れなくなるほどの極限状態に追い込まれたユダヤ人の少年、未だ見ぬ英国軍人に憧れながらもイタリア兵に恋する少女達が、どのように戦争を生きたのかについて知ることができる。

    私たちが子どもだったころ、世界は戦争だった私たちが子どもだったころ、世界は戦争だった
    (2010/08/06)
    サラ・ウォリススヴェトラーナ・パーマー

    商品詳細を見る

    続きを読む

    スポンサーサイト
    プロフィール

    mrkmhiroshi

    Author:mrkmhiroshi
    広島(高校まで)京都(大学・大学院)東京(会社員)
    現在は噂の西麻布に住んでます
    成毛眞代表のHONZに参加してます http://honz.jp/
    職業:マーケティングコンサルタント
    趣味:読書、トレーニング、映画

    カレンダー
    07 | 2010/08 | 09
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。