スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    【書評】捕食者なき世界 ウィリアム・ソウルゼンバーグ

    採点:★★★★★
    2010年科学読み物で現在のところNo.1の面白さ!生物多様性に興味があるひとには特におススメ

    生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)の開催を目前に控えて、文藝春秋が立て続けに良書を翻訳出版している。地球最後の日のための種子と併せて読めば、「多様性」の「重要性」が理解できる。本書にある図版は原著にはないものらしく、文藝春秋エライ!!と言いたくなる。本書P68の図にいるような生物たちが闊歩する世界を想像してわくわくしない人は少ないはずだ。

    捕食者なき世界捕食者なき世界
    (2010/09)
    ウィリアム ソウルゼンバーグ高槻 成紀

    商品詳細を見る

    続きを読む

    スポンサーサイト
    プロフィール

    mrkmhiroshi

    Author:mrkmhiroshi
    広島(高校まで)京都(大学・大学院)東京(会社員)
    現在は噂の西麻布に住んでます
    成毛眞代表のHONZに参加してます http://honz.jp/
    職業:マーケティングコンサルタント
    趣味:読書、トレーニング、映画

    カレンダー
    08 | 2010/09 | 10
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。