スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    冷えてもかぜひかない? 【書評】『かぜの科学』 ジェニファー・アッカーマン著 鍛原多恵子訳

    第4回本のキュレーター勉強会課題図書
    風邪をひきやすい人はもちろん、風邪と人間の闘いに興味のある人におススメ

    装丁の可愛らしさから課題図書に選ばれた本書には、風邪予防に関する様々な情報が満載である。
    本書を読めばもう風邪なんか怖くない、と書こうと思っていたのだが、読了3日後にしっかりとかぜをひいてしまった。。。

    かぜの科学―もっとも身近な病の生態かぜの科学―もっとも身近な病の生態
    (2011/02)
    ジェニファー アッカーマン

    商品詳細を見る

    続きを読む

    第3回本のキュレーター勉強会

    月に一度のお楽しみ、本のキュレーター勉強会も本日で3回目です。
    今日も紫式部から飛田新地まで各方面へ話が飛びまくり、楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいました。
    僕はもちろん、参加者の皆さんもとても楽しそうなのですが、このような話を楽しめる人間がこんなにいるとは・・・

    前回紹介した本が2冊ともかぶってしまった僕は、5冊程鞄にしのばせて参加しました。
    「これなら大丈夫。こんなに持ってきてる人はいないだろう」と思っていたのですが、ここは読書界の「虎の穴」。そんな甘い考えが通用するはずもありません。辺りを見回した僕は我が目を疑いましたが、間違いありません。
    鈴木さんがどう見ても10冊以上はあろうかという本の山を机に積んでおられるのです。
    通勤はどうされたのでしょうか。腕は痛くないのでしょうか。ものすごく鍛えていらっしゃるんでしょうか。
    疑問はつきませんが、次回の勉強会に備えて、今夜から腕立て伏せを始めようと思います。

    それでは、今月の皆さんのオススメ本です。
    今日も沢山の本の話が出たので、漏れてるものもあるかもしれませんが、ご容赦ください。

    続きを読む

    閃きの源泉 【書評】『閃け!棋士に挑むコンピューター』 田中徹&難波美帆

    本のキュレーター勉強会第2回課題本
    コンピューター、人工知能に興味がある人はもちろん、「人間らしさ」に興味のある人にもオススメ

    閃け!棋士に挑むコンピュータ閃け!棋士に挑むコンピュータ
    (2011/02/10)
    田中 徹、難波 美帆 他

    商品詳細を見る

    続きを読む

    第2回本のキュレーター勉強会

    本日第2回目のキュレーター勉強会が開催され、当然のように本の話で大盛り上がりでした。

    かなりマニアックな本の話を誰かが振っても、他の参加者がその本を既に読んでいるというやや異常な場となってきました。朝7時からこのような場に嬉々としてやってくる人がこれだけいるということに驚きと喜び。
    参加者の山本さんさんがツイッターのハッシュタグ#bookcuratorで会の様子を実況して下さったので、興味のある方は是非見てください。書評の適切なボリュームや、ネタばれの是非について様々な意見が出されました。

    来月の課題本は土屋さんさんご紹介の『閃け!棋士に挑むコンピュータ』です。

    閃け!棋士に挑むコンピュータ閃け!棋士に挑むコンピュータ
    (2011/02/10)
    田中 徹、難波 美帆 他

    商品詳細を見る



    続きを読む

    第一回「本のキュレーター勉強会」

    今更だけど、1月19日に第一回本のキュレーター勉強会が行われました。
    東えりかさんも書かれていますが、参加者は東さん以外みーんな男です。いや、いいんですけどね。

    自己紹介や、勉強会に関するオリエンテーションが行われましたが、面白い本の紹介で早くも白熱した会となりました。自分も少しは本を読んでいるつもりでしたが、いやー、皆さん本当に凄い!!聞いたこともないような、面白い本を沢山知ることが出来ました。成毛さんや参加者のブログでそれらの本が紹介してあるので、興味ある人はチェックしてください。参加者の方のブログは右側にリンクを貼ってあります。

    自分の通常の生活圏では中々出会わないような本読みの皆さんと1年間みっちりお話できる機会を頂き、今後の会が本当に楽しみです。

    その日に紹介された本の中から僕が購入したのは、『ジョークで読むロシア』。著者の菅野さんはその名前から想像し難いですが、ロシア生まれの金髪美女です。現在は日本国籍を取得され、大和総研調査部に勤務されています。著作はまだ本作のみのようですが、今後ブレイクするのではと予想されていました。

    ジョークで読むロシア (日経プレミアシリーズ)ジョークで読むロシア (日経プレミアシリーズ)
    (2011/01/13)
    菅野 沙織

    商品詳細を見る

    本書のタイトルは『ジョークで読むロシア』ですが、その内容は「ジョークで読み解くロシア”経済”」となっています。ロシアで囁かれていた様々なアネクドートが生まれた背景を解説しながら、ロシア人の考え方、ロシア経済の今後について書かれています。

    一番気に入った、リーマンショックに関連したアネクドートをご紹介。これ以外にも「ニヤリ」とさせらるジョークがてんこ盛りなので、ロシア経済にはそんなに興味がないよ、という人でも楽しく読めると思います。

    男二人が話している。
    「この経済危機は離婚より遥かに大変だ!」
    「いったいどうしたんだい」
    「聞いてくれ。資産が半減したというのに、女房はまだ家にいるじゃないか」



    プロフィール

    mrkmhiroshi

    Author:mrkmhiroshi
    広島(高校まで)京都(大学・大学院)東京(会社員)
    現在は噂の西麻布に住んでます
    成毛眞代表のHONZに参加してます http://honz.jp/
    職業:マーケティングコンサルタント
    趣味:読書、トレーニング、映画

    カレンダー
    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -
    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    FC2カウンター
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。